研究開発

強力な研究開発チームは、長年にわたり専門的な開発技術及び豊富な設計経験及び開発能力を備え、今までに「ZIPPY」の400項目余りの電源面の特許権を取得し、また業界でも高い知名度を誇っています。強力な開発能力は、現在60名余りいる専門の研究開発エンジニアが持っている全ての力で製品の設計と研究開発に取り組むことからもたらされています。このうちの半数以上のエンジニアは15年以上の電源開発と設計経験を持ち、更に複数のIT補助設計システム、試験器及び関連施設を加えることで、「ZIPPY」電源の新製品の開発スケジュールを大幅に短縮させると共に研究開発の時間とエラーを減らし、同業他社より数か月の期間を短縮させました。

コア・重要技術

「受動式のリアパネル設計」
線路は、監視及び電圧補償作用のみを提供し、リアルパネルの受動素子が故障しても電源を失効することないためバックアップ効果を満たす実に素晴らしい専門技術となっています。

「モジュール化技術」
N+1モジュール化技術を運用し、3U以上のサーバーと6U、8U産業グレードのシャーシに使用可能で、空間の運用においても柔軟性があります。
「負荷共有(Load Sharing)」
良好なload-sharing設計は、電源供給装置の寿命を延ばし、システムを安定して運転でき、これがまさに当社の専門技術です。

「有効電力(True Wattage)」
複数の周辺設備を同時に起動し、電源も100%のパフォーマンスを発揮できます。他社ブランドの電源の100%給電能力は、数分間継続できるだけです。